病院でできる脇汗とニオイ治療に関して

脇汗治療を行っている病院も存在しており、状態によって治療手段を選択する事が可能です。

脇汗を止める事をしたいのか、臭いを止める事をしたいのか、どの程度止める事をしたいのか等、どこに重点を置くかによって、治療手段も変わってきます。

■量音波治療法
量音波治療法は、脇汗の分量で悩んでいる人に向いており、発汗を軽減する効果が高いです。

量音波治療法では、超音波の熱によって汗腺を破壊して、破壊された汗腺を吸収して、そのまま排除していく事になります。ただ、この手段ではアポクリン汗腺を完全に取ってしまう事はまずできません。

ですから、重いワキガなど、アポクリン汗腺からの脇汗の「臭い」で困っている人にはお勧めできません。18万~30万前後の手術代となる事が多いです。

■皮下組織吸引法
皮下組織吸引法は、脇汗の分量に悩んでいる人にも、ワキガなどで臭いに悩んでいる人にもお勧めです。

皮下組織吸引法では、脇に1センチ前後の穴を開けて、そこから管を挿入して、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺等の、汗や悪臭の原因を吸い出します。

皮下組織吸引法は、汗腺をピンポイントに吸い出すものではありません。ですから、アポクリン汗腺が原因の悪臭で困っている場合は、それほど功を奏さない場合もあります。

ただ、脇汗の量は絶対にある程度はダウンするので、確実性も求めるのであればお勧めです。15万程度の手術代になる事が多いです。

■皮下組織削除法
皮下組織削除法は、大量の脇汗や臭いで困っている人に向いています。皮下組織削除法では、脇に1センチ前後の穴を開けて、脇汗や悪臭の引き金になる、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を、皮下組織ごと削り取るような形で取り去ります。

穴を開ける分ダメージは大きく、回復にも時間が掛かりますが、臭いや汗を止める効果は高く、成功率も非常に高いです。

20万~40万程度の手術代になる事が多く、脇汗関連の手術の内では高い方です。身体へのダメージが大きいので、実績が豊富で信用性のある病院に任せるようにしましょう。

■剪除法(せんじょほう)
臭いを軽減したい人に向いている手術であり、アポクリン汗腺を除去します。

まず、脇に30~50ミリ前後の穴を開けて、アポクリン汗腺を切断します。ピンポイントでアポクリン汗腺を除去できますから、確実に臭いを止める事ができます。

ただし、入院するレベルではないものの、皮下組織削除法と同じく身体へのダメージが大きいという事を覚えておきましょう。

30万~50万前後の手術代になる事が多いですが、病院の設備になどによって大きく変わるのであまり安定しません。

脇汗・消臭ケア商品の種類は?

脇汗が原因の問題を止めるためのケアグッズは多種多様であり、それぞれ違った機能によって、脇汗や付随する問題を止める事をしてくれます。ここでは、どんな形式のアイテムがどんなケアをしてくれるのかを紹介していきます。

■シートタイプ
発生した脇汗を吸収して、拭き取る事ができるタイプです。脇汗を吸収して、汗ジミや蒸れを防ぐ事ができます。除菌効果のあるものも存在しており、雑菌が要因の臭いを止める事をしてくれるものも存在します。

シートタイプのメリットはいつでもどこでも使える事であり、携帯がしやすいので、出先でのケアにも役立ちます。弱点は、ケア効果の持続性があまりない事です。

■制汗タイプ
汗をブロックする事ができるタイプです。脇汗が出る分量がダウンするので「汗を餌にする雑菌」が殖えにくくなり、臭いを止める事もできます。

ほとんどがスプレータイプでありパパッと使えますが、脇汗を完全に止める事に成功しないと、服に汗ジミができてしまって、悪臭がしてしまう事もあります。

脇汗が出る分量をダウンさせるだけのものが大半ですから、臭いを止める効果は低いものがほとんどです。脇汗の悪臭ではなく、脇汗の量自体で悩んでいる人に向いています。

■除菌タイプ
こちらは、臭いを止める事に重点が置かれているタイプです。除菌式は、肌に存在する悪臭の原因菌を退治してくれるので、臭いを止める事ができます。

ただ、除菌成分のタイプしたいでは、悪臭の原因菌だけでなく、肌に留めておくべき常駐菌や有益な菌も退治してしまって、かえって臭いをエスカレートさせたり、肌の状態を悪くさせてしまったりする事もあります。

■消臭タイプ
臭い成分を包み込んで臭いを止める事ができるタイプです。ですから、除菌タイプのようにダイレクトに臭いの引き金に働きかける事はできません。

その反面、皮膚に影響が出にくいというメリットがありますし、そもそもの臭いを止める効果もそれなりに高いです。弱点は、効果の継続時間や脇汗を減らせる量がやや乏しく、頻繁にケアを行う必要が出てくるという事です。

■マスキングタイプ
良い匂いで脇汗の臭いを相殺してくれるのがマスキングタイプであり、芳香剤と理屈は同じです。

消臭タイプと同じく、皮膚や細菌のバランスに与える影響が少ないというメリットがあります。ですが、やはり効果の継続時間が短いですし、そのマスキングタイプのアイテムの匂い自体が嫌になってしまう事もあります。

このように臭いケアのアイテムは多種多様であり、脇汗やその臭いに様々な角度からアプローチしてくれます。自分の状況や体質を考慮しつついくつか使ってみて、自分に合うものを見つけていくようにしましょう。足の汗を止める