なぜ脇汗は臭うの?

脇汗がこれほどまでに臭いやすい原因は何なのでしょうか?そして、脇汗を止めるにはどうすれば良いのでしょうか。

■脇汗の臭いの誘因
脇汗が臭う誘因は主に2つです。
・アポクリン汗腺からの汗だから
・脇は汗が出やすいから

人間の身体には必ずこのような特徴がありまして、その程度問題によって、多汗症やワキガだと判断される事になります。

まずは「脇汗は必ずある程度臭うもの」と理解しておきましょう。「みんなは臭わないのに!」などと考えてしまうと、ストレスが蓄積してしまい、そのせいで余計に脇汗が増えてしまうかもしれません。

脇汗を止めるには、まず気持ちを楽にして考える事が大事です。

 

■脇は汗が出やすいから
単純な理屈ですが、脇は汗が出やすい場所なので、脇汗、と言うよりも脇の臭いは強くなります。

脇には汗腺が集中していますし、汗の原料となる血液を作っている心臓に場所が近い事も、脇汗が出やすい原因の一種です。

そして、大量の汗を出して体温をコントロールする機能も脇にはあるので、暑い時には、自然に脇汗の量が多くなってしまうのです。

脇にはエクリン汗腺という汗腺があり、この汗腺からの汗の99%は水で、残りの1%は、塩分、尿素、アンモニア等の排出物質です。

ほとんどが水なので、ベタベタ感や色や臭いで困る事はほぼありません。ですが、それでも汗が出過ぎれば困る事もあります。このような折は、皮膚はもちろん、衣服にも排出物質や皮脂が付いてしまいます。

すると、そこで雑菌が増殖して、悪臭を招いてしまう事になります。雑菌にとって湿っている衣服は絶好の環境ですから、どんどん殖えます。

ですから、衣服を身に付けている時に脇汗が多くなると、湿り気と体温が、雑菌の増殖の手助けをして、どんどん雑菌が増殖して、臭いが強くなっていってしまいます。

 

■アポクリン汗腺からの汗だから
脇の下にはエクリン汗腺とは異なる、アポクリン汗腺という汗腺もあります。

脇、陰部、肛門、乳輪、耳の内部だけにアポクリン汗腺はあります。この汗腺の役割は、実は臭いを発する事自体にあります。他の役割ももちろんありますが、臭いを発する事がそのまま性的アピールになるからです。

アポクリン汗腺からの汗は、ネバネバしていて白っぽい場合が多いです。なぜなら、脂質、たんぱく質、鉄分、アンモニアなどがエクリン汗腺からの汗よりも、大幅に多く含まれているからです。

そのため発汗してからしばらくすると、独特の嫌な臭いがするようになります。実際、ワキガ傾向にある人は、生来このアポクリン汗腺をたくさん有している場合が大半です。

引用元:汗かき改善.jp

脇汗の量自体はそれほど多くなくても、臭いが強くなりがちなのです。