脇汗の役割と必要以上に出る要因

脇汗で悩んでいる人はたくさんいますが、脇汗の役目と出過ぎる要因はどこにあるのでしょうか。

■脇汗の役割
脇汗の主な役割は「体温調節」と「性的アピール」です。これらの役割をこなすべく、脇汗が出る汗腺は身体の中でも非常に多い方であり、臭いも強いのだそうです。

そして、通常ではあれば脇汗は1日に付き匙1杯分前後しか流れてはこないようです。また、1日通しての汗の量から考えると脇汗が占める割合は1~2パーセント程度であると言われています。

ですが、これらとは違う他の原因で出る脇汗も多いです。

■精神性の脇汗
大きなプレッシャーや緊張のせいで、脇汗がたくさん出る事も多く、実際にはこのようなメンタル的な理由での脇汗が、脇汗のほとんどであると言われています。これは、ストレスのせいで汗腺をコントロールしている交感神経が乱れ、脇を代表とした汗腺が多い場所から、汗が出やすくなるからです。

脇汗を気に掛ける事そのものもストレスになるので、緊張するシチュエーションでの発汗により、さらに気持ちが落ち着かなくなって脇汗が出るという悪循環に陥るので、脇汗を止める事がなかなかできず、どんどん脇汗が出てしまうのです。

昨今はストレス社会ですので、このようなメンタル的な理由の脇汗に悩んでいる人が増えているようです。

■脱毛等のケアも脇汗の原因になる
脇の脱毛やその他のケアも脇汗を多くする要因の1つです。脱毛をしたり皮膚ケアをしたりすると、汗腺に刺激が及んでしまうので、それによって脇汗が多くなるのです。

また、皮膚ケアを過剰に行ってしまい、皮膚に残しておくべき皮脂まで取り除いてしまい、皮膚の表面が乾燥してしまって、その乾燥を補うために脇汗や皮脂が多くなってしまう場合もあります。

このような事が継続してしまうと、そのまま多汗症になってしまう場合もあります。脇汗を止める事をしたいのであれば、脱毛やケアを行い過ぎないようにしましょう。止めるつもりが逆効果になってしまいます。

■ホルモンバランスも脇汗の原因になる
女性だと、生理期間の前後、妊娠・出産、更年期などは、ホルモンバランスが崩れやすくなります。ホルモンバランスが崩れると、温度等とは無関係に脇汗が多くなってしまう事があります。

「ホルモンバランスが崩れる」とは、つまり「男性ホルモンが多くなっている」という状態である事が多いです。男性ホルモンには脇汗を多くする働きがあります。この時、汗腺が多い頭や脇からの汗は増えるのですが、手足は冷たいままでほとんど汗をかかない場合も多いです。